存在のすべてを

著 者:塩田武士
出版社:朝日新聞出版
出版日:2023年9月30日 第1刷 12月30日 第2刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 読み始めたころの印象が途中で大きく変わって引き込まれるように読んだ本

 物語の発端は、平成3年に起きた前代未聞の「二児同時誘拐事件」。神奈川県厚木市で小学校6年生の男児が誘拐され、その翌日に横浜市で4歳の男児が誘拐された。神奈川県警は、誘拐という時間的に制約が厳しい現在進行形の犯罪に、同時に2つ取り組まなければいけなくなった。

 この2つの事件は、50ページほどのやや長めの「序章」に記されている。ややネタバレ気味だけれど、まだ「序章」なのでご容赦いたきたいが、2つの事件とも誘拐された男児は戻ってきた。厚木の小学生は翌日に保護された、横浜の4歳は...3年後に祖父母の家の玄関に一人で現れた...犯人も動機も事件の真相が不明のまま。

 本編は、横浜の男児が戻ってきてからさらに27年後の令和3年に始まる。主人公は2人。一人目は新聞記者の門田次郎。記者になって2年目にあの誘拐事件があり、担当刑事を取材した。今でも記者として事件の真相を追っている。二人目は土屋里穂。父親が経営する画廊で働いている。横浜の被害児童とは高校の同級生だった。

 これは面白かった。門田と里穂のそれぞれが、それぞれの思いを抱えて、30年前の事件の真相に近づいて行く。門田は新聞記者だけれど、あの事件で(見方によっては)捜査に失敗した刑事たちと思いを共有している。その点、とてもよくできた犯罪捜査の警察ドラマのようだ。里穂の方は、かつて恋心を抱いた同級生との空白期間を埋めるような、切ない物語。この2つが絶妙により合わさっていく。

 と、ここまでで十分に「秀作」なのだけれど、実はこれは、冒頭に書いた印象が大きく変わる前のこと。この後に続く物語には、本当に心を打たれた。

 最後にタイトルの「存在のすべてを」について。登場人物が「存在」のことを話すシーンは田島にある。でもそれだけではなくて、「その存在のすべてが愛おしい」とか「この存在のすべてを賭ける」といった心のあり様を、私はこの後半の物語に感じた。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 

街とその不確かな壁

著 者:村上春樹
出版社:新潮社
出版日:2023年4月10日 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 数多くの村上春樹作品を読んだけれど、最初期を除くと一番に読みやすいと思った本。

 村上春樹さんの最新刊。「騎士団長殺し」以来6年ぶりの長編。

 主人公は「ぼく」と「私」。「ぼく」は、17歳の高校生で「高校生エッセイ・コンクール」の表彰式で出会った16歳の少女と交際している。会えばできるだけ人目につかないところで、唇をそっと重ねる。

 彼女は、高い壁に囲まれた街の話をした。そして「ほんもののわたし」はそこで暮らしていて、図書館で働いている、と言う。自分はその影法師のようなものだと。そしてある日、「ぼく」の前から姿を消してしまう。

 「私」は、高い壁に囲まれた街に住んで、図書館で「夢読み」として働いている。その図書館には「夢読み」の仕事を補助する少女もいる。「私」はその少女に会うためにこの街にやってきた。そう。「ぼく」と「私」は同一人物。「ぼく」が交際していた少女が話した「高い壁に囲まれた街」に来て「ほんもののわたし」に会った、ということのようだ。

 物語は「ぼく」と「私」のストーリーを交互に語って並行して進む。「私」の方は、その街での暮らしをかなり詳細に語り、「ぼく」の方は、その人生を駆け足で語る。そして45歳の時に2つの物語がつながる...

 までが第一部。そして、その後日譚が第二部、第三部、と続く。

 あまり良くなかった。期待どおりとはいかなかった。冒頭に書いた「読みやすい」は100%の誉め言葉ではない。65%ぐらいの「がっかり」を込めた(まぁ村上春樹作品に「読みやすさ」を求める人は、少なくともファンにはいないと思う)。読んでいて何にもつっかえず、心を乱すこともなく最後まで読めてしまった。第二部、第三部と進むにつれてその傾向は強くなった。

 村上春樹作品には暗喩が埋め込まれていて、文章をだた辿っても物語を理解したことにはならない。私が気が付かないことがたくさんあるのだろうと思う。そのことは付言しておきたい。

 また「親しい女性の喪失」「穴」「壁抜け」など、村上春樹作品に共通するテーマが描かれていて、長年の愛読者としては親しみを感じる。それでいて、今まで当たり前にあった、いささか唐突な性的なシーンがないなど、変化もあった。期待が大きすぎたのかも?欲しがり過ぎなければよかったのかもしれない。

 追伸:
 本書は1980年に「文學界」に掲載された中編「街と、その不確かな壁」を書き直したものです。国立国会図書館からその中編を取り寄せて読みました。本書の第一部が書き直した部分で、第二部、第三部は新たに加えられた部分です。

 ちなみに「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は、この中編を基に書いた長編です。本書の設定が「世界の終わりと~」と酷似しているのは、どちらも同じ物語を基にしたものだからです。

 「文學界」と「世界の終わりと~」と本書を読み比べて、あれこれと考えるのは楽しい。しかし、それは別の機会にします。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

著 者:川内有緒
出版社:集英社インターナショナル
出版日:2021年9月8日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 「この言葉、覚えておきたいな」と思って、たくさん付箋をつけた本。

 2022年の本屋大賞「ノンフィクション本大賞」受賞作

 本書は、著者が白鳥健二さんという全盲の方と、国内の様々な美術館を訪ねてアートを見る(鑑賞する)様子を描いたもの。

 どんなアートかと言うと、最初は三菱一号館美術館の「フィリップスコレクション展」。ゴッホにピカソにセザンヌ..印象派などの名画が中心。次は国立新美術館の「クリスチャン・ボルタンスキー展」。現代美術界の世界的な巨匠。次が水戸芸術館の「大竹伸郎 ビル景1978-2019」。日本を代表する現代美術家。その次は、奈良の興福寺の国宝館。有名な阿修羅像や千手観音立像をはじめとした館の名前どおりに国宝級の仏像が多数。その次は...。

 こうして並べて明らかなように、作品を触って鑑賞することはできない。では全盲の白鳥さんが「アートを見る」というのはどういうことなのか?それは絵を前にして白鳥さんが著者にかけた言葉が端的に表している

 「じゃあ、なにが見えるか教えてください」

 そう。同行した人の説明を聞いて白鳥さんはアートを見る(鑑賞する)。

 いやいや、これ、説明する人がめちゃくちゃ大変そう。そもそも白鳥さんはそんなんで楽しいの?と、多くの人は思うだろう。私もそう思った。著者も最初は「白鳥さんは楽しんでくれているんだろうか」と思っていた。

 その疑問は、本書を読み進めればすぐに雲散霧消する。白鳥さんはこの鑑賞方法を楽しんでいる。なんといっても白鳥さんはこの方法で年に何十回も美術館に通うのだ。
 そしてこれが大事なところなのだけれど、白鳥さんとアートを鑑賞した(つまり説明した)人も、例外なく「ほんとに楽しいよ」と言っている。そのような、視覚障害のある方と鑑賞するワークショップも開催されているそうなので、私も参加してみたいと思った。

 そしてさらに大事なところ。本書は全盲の人と一緒に見た「アート鑑賞記」なのだけれど、読者に届くのはそれにとどまらない。「アートを見る」とは私たちにとってどういうことなのか?障害や差別についての複雑な思考。時には私の中の内なる差別意識に気づかされることもあった。読む前には思いもしなかった奥深い空間が、本書の中には広がっていた。

 一言だけ引用(実は他の書籍からの引用された文中にあったのだけれど)

 「ギリギリアウトを狙う」

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

空をこえて七星のかなた

著 者:加納朋子
出版社:集英社
出版日:2022年5月30日 第1刷発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 読み終わって「やっぱりそう来なくちゃ」に加えて「そう来たか!」と思った本。

 帯に「<日常の謎>の名手が贈る、驚きと爽快な余韻に満ちた全七話」とある。後半の「驚きと爽快な余韻」は感じ方次第だけれど、前半の「日常の謎の名手」は妥当な表現だと思う。本書に収録された7編の短編も、ちょっとした謎を含んだちょっといい話だ。

 7編のタイトルは「南の十字に会いに行く」「星は、すばる」「箱庭に降る星は」「木星荘のヴィーナス」「孤舟よ星の海を征け」「星の子」「リフトオフ」。なんとなく「星」が関係した物語が想像できる。ちなみに、最後の「リフトオフ」は、ロケットの打ち上げのこと。秒読みで「3、2、1、liftoff」と言ったりする。

 ただし「星つながり」以外には各短編に共通点は感じられない。「南の十字に会いに行く」は、小学生の女の子がお父さんと石垣島に旅行に行く話。行く先々で、黒服、黒サングラスのいかにも怪しい男が現れる。「星はすばる」は、事故で視力をほとんど失った少女の話。事故の前に参加した「こども天文教室」で光り輝くような王子様のような少年と出会う。

 「箱庭に降る星は」は、地方の高校の「天文部」と「文芸部」と「オカルト研究会」の廃部の危機。「木星荘のヴィーナス」は、東京の木造二階建てのアパートが舞台。「星の子」は、中学生の女子の友情を描く。こんな風に舞台となる場所も登場人物もバラバラ。「孤舟よ星の海を征け」に至っては、宇宙船の事故を描いたSFで、ジャンルさえ違う。

 ひとつひとつの短編は、それぞれに「そういうことか!」と思ったり、温かい気持ちになったり、その先が楽しみなったり、最初に書いたように「ちょっといい話」で心地いい。天文学者のおばあちゃん(動植物や文化の研究者でもあり合気道の先生でもある)や、洗濯物を入れたネットを振り回して人力脱水する美女(何してるんですか?で聞かれたら「自転」って答えた)や、登場人物には個性的かつ魅力的な人が多い。私が好きなタイプの物語だ。

 それでも欲深いことに、少しもの足りない。...と思っていたら...

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

おいしいごはんが食べられますように

著 者:高瀬隼子
出版社:講談社
出版日:2022年3月22日 第1刷 7月27日 第7刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 想定外の生臭さがあって「なにこれ?」と思ったけれど、これはこれでアリか、と思った本。

 2022年上半期の芥川賞受賞作。

 物語の舞台は、食品や飲料のラベルパッケージの製作会社の埼玉支店の営業部。主な登場人物は3人。3か月前に東北の支店から異動してきたそこそこうまくやっている男性社員の二谷。多少ムリな仕事でも頑張ればできてしまう女性社員の押尾さん。ちょっとでもムリをしたり想定外のことがあると休んでしまう女性社員の芦川さん。

  二谷と芦川さんは付き合っていて、週末には芦川さんが二谷の部屋に来ておいしいご飯を作ってくれる。芦川さんは、職場でも明るく朗らかで、手作りのお菓子を差し入れたりすることもあって、みんなから好かれている。体が弱いからムリをさせないようにとの配慮もされている。

 押尾さんはそんあな芦川さんが苦手、というよりムカついている。片頭痛で急に早退した芦川さんが残した仕事を、フォローさせられるのだからまぁ当然だ。「頭痛薬飲めよ!」と毒も吐きたくなる。それで押尾さんはそのことを二谷と飲みに行った時に言い、「わたしと一緒に、芦川さんにいじわるしませんか?」と持ちかける。二谷はなんと「いいね」と答える。

 底が知れない怖い話だった。ほのぼの感のあるタイトルや表紙に反して、内容は悪意や薄暗い感情がヒタヒタに満ちていて寒気がする。中でも、芦川さんと付き合いながら、押尾さんとも通じている二谷のクズっぷりは、分かりやすくひどい。

 押尾さんもちょっとやり過ぎ。でも、押尾さんのことはもちろん、二谷のことだって「その気持ち、分かるぅ」という読者も多そうだ。本書がウケるのはそういう「分かる」感が理由だと思う。そのぐらい現実の職場がストレスフルなのだろう。

 ただ私が「底が知れない」と言った怖さは、二谷や押尾さんのことではなくて、芦川さんのことだ。本書には芦川さんの内面は全く描かれていなくて伺い知れない。どうやら著者は意図して描いていないようなのだけれど、知りたいような知りたくないような..。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

心配事の9割は起こらない

著 者:枡野俊明
出版社:三笠書房
出版日:2013年9月5日 第1刷 9月30日 第6刷発行
評 価:☆☆☆(説明)

 タイトルを見て、まぁ心配事をわざわざ作り出してることあるよな、と思った本。

 著者は禅僧で、立場上たくさんの人から不安や悩み、迷いといった相談を受ける。そのほとんどが実は「妄想」「思い込み」「勘違い」「取り越し苦労」にすぎない、という。客観的に見れば「なんでもないこと」に振り回されてしまっていることが多い。本書のタイトル「心配事の9割は起こらない」はそういう意味。

 これだけ読んで「確かにそうだな」と思える人は、本書を読まなくていいと思う。「そんなことない」と思う人の方が、本書を読んでいいことがあるかもしれない。

 本書は5章建て。第1章「さっさと減らそう、手放そう、忘れよう」、第2章「「いま」できることだけに集中する」、第3章「「競争」から一歩離れると、うまくいく」、第4章「人間関係が驚くほどラクになるヒント」、第5章「「悩み方」を変えると、人生は好転する」。各章に10個前後の項目があって、禅の教えがちりばめられている。

 例えば「感情に逆らわない」の項目では、「雲無心にして岫を出ず」という禅語を紹介。雲は無心で「なにものにもとらわれず、風が吹くままに形を変える」という意味。とはいえ、イライラしたりクヨクヨしたりする気持ちは抑えられなず「無心」になるのは難しい。

 だから、喜怒哀楽の感情をなんとかしようとするのでなく「浮かぶに任せ、消えるに任せる」。それが「無心」に近い心のありようだと言う。「無心」にはなれなくとも、近づくことならできる。「近づくだけでいいんだ」と思ったら気が楽になった。

 もう一つ「若い人に任せる」の項目では「閑古錘」という禅語。これは、古びて先が丸くなった錐のこと。穴を開ける役割には使い勝手が悪いけれど、人を傷つけることがないし、なんとも言えない趣、風情がある。年を重ねて鋭さがなくなっても果たせる役割がある。定年間際の私には優しい言葉だと思った。「閑古錘」のような生き方を目指したい。

 最後に。たくさんある項目の中には、どうにも受け入れがたいものもある。聞き飽きたような説教臭いものもある。そういうものは、あるに任せて囚われないで、「これはいいな」と思うものを1つか2つ見つけられれば良し。そんな心持ちで読むといいと思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

万感のおもい

著 者:万城目学
出版社:夏葉社
出版日:2022年5月10日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 横長の変わった装丁に「なんだこれ?」と思ったけど、じわじわと後から愛着さえ湧いてきた本。

 万城目学さんのエッセイ集。日本経済新聞や京都新聞に連載したものを中心に、雑誌やオンラインなどその他の媒体に書いたもの加えた、全部で42編のエッセイを収録。初出の時期は2016年から2021年12月まで。

 「万感のおもい」というタイトルから引き継いで、「ついでのおもい」「京都へのおもい」「色へのおもい」「あけくれへのおもい」「大阪へのおもい」と「おもい」を5つに分類して編集してある。

 冒頭にある「ついでのおもい」の「作家のしあわせ」。初出が2021年10月で、「2021年は暗い1年だった」という一文から始まる。「ほとんど家を出ることなく、ひたすら部屋で執筆を続けた」そうだ。コロナ禍の「自粛」のせいだろう。

 しあわせを「状態」と「気持ち」に分けて、自分は「しあわせな状態」だけれど「しあわせな気持ち」を感じることはない、などと言う。私は「万城目さんらしくない」と思う。「暗い1年だった」で書き始めたり、しあわせを分解してぐるぐる思案したりした上にオチもない。コロナの自粛の弊害だと思う。

 「京都へのおもい」から「秘境」。著者が大学1回生のころ。自転車で百万遍から銀閣寺、八坂神社を経て清水寺に至るコースを行った。気の向くままに入り込んだ脇道の一つの先に滝があって、素っ裸のおっさんが水垢離をしていた、という話。

 「あの日、私はどこに迷い込んだのか/そもそも、本当にあった場所なのか」と結んでいる。著者が行ったコースの東側は、東山連峰の山なので、探せばこの滝のありかは分かるだろう。でも、観光ルートに隣り合わせで「異界」が存在する、京都はそんな場所だと思うので、この一編は好きだ。

 他に「京都へのおもい」の「さよなら立て看」の「アホが今日もアホしてる」には同感。「色へのおもい」には意表を突かれっ放し。「あけくれのおもい」はニヤッとさせてくれた。中の尿管結石の話には「ご同輩」と肩をたたきたくなった。「大阪へのおもい」には著者の原点を感じた。

 前言撤回。「作家のしあわせ」のオチは「あとがき」でつけてあった。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

夜に星を放つ

著 者:窪美澄
出版社:文藝春秋社
出版日:2022年5月30日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 夜空の星を見上げるときの気持ちが伝わってくる本

 2022年上半期の直木賞受賞作。星の話が登場する5編の短編を収録した短編集。

 「真夜中のアボカド」は、32歳の女性が主人公。コロナ禍のリモートワーク中に、アボカドの水耕栽培と婚活アプリで恋人探しを始めた。アプリで知り合った男性と会うようになって..。「銀紙色のアンタレス」は、16歳の男子高校生が主人公。夏休みに祖母の家に行って、毎日、夏の海を満喫。そこに幼馴染の少女も来ることに...。

 「真珠星スピカ」は、中学1年生の女子生徒が主人公。2カ月前に母親が交通事故で亡くなったのだけれど、家の中では母親が見えて身振りでコミュニケーションもできる。「湿りの海」は、37歳の会社員が主人公。1年前に妻と3歳の娘が、妻の新しい恋人と住むために出て行った。マンションの隣の部屋にシングルマザーの母娘が引っ越してきた。

 「星の随(まにま)に」は、小学4年生の少年が主人公。2年生の時に父親がが再婚して新しいお母さんができて、この春には弟が生まれた。新しいお母さんは赤ちゃんの世話で大変なのに、自分のこともよく面倒を見てくれる。

 吹っ切れた感じがしたり、小さく息をついたり、フッと笑ったり、少しわだかまりが残ったり、がんばってねと思ったり、それぞれだけれど、どの話も悪くない読後感が残った。主人公が男性も女性もいて、小学生から37歳のバツイチ男性までと様々なのも、いろんな料理を少しずつ味わうように楽しめた。

 主人公は様々だけれど共通して描かれるものもあった。それは何かを抱えた女性たち。幼い子どもを育てる母親が何人か登場するけれど、それぞれに思うようにならない焦燥がある。大事な人を亡くして空疎を抱えている人もいる。また、様々な形の家庭を描いていることも、本書の特徴だと思う。

 直木賞というビッグタイトルの華々しさは感じない。でも「私の好きな一冊」に、たくさんの人がこの本を挙げる。そんな評価のされ方が似合う作品だと思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

ブログを始めて20年になりました!

 本日2022年9月4日は、このブログを始めてちょうど20年の記念日です。
 最初の記事は、2002年9月4日の「海底二万海里/ジュール・ベルヌ」でした。

 ここまで続けてこられたのは、読んでくださる皆さんがいたからこそです。この場を借りて御礼申し上げます。

 投稿数は1,689、紹介した本の数は1,585です。本の評価別では☆5つが44、☆4つが747、☆3つが726、☆1~2は67。割合では☆5つは約3%、☆4つは47%、☆3つは46%、☆1~2は4%。

 作家さん別では、伊坂幸太郎さん48、有川ひろさん38、ダイアナ・ウィン・ジョーンズさん38、東野圭吾さん28、三浦しをんさん27、上橋菜穂子さん26、恩田陸さん23、梨木香歩さん21、森見登美彦さん21、の順でした。

 ジャンル別では、一般小説467、ミステリー276、ファンタジー237、ノンフィクション138、経済・実用書138、オピニオン126、エッセイ59でした。(重複の処理が曖昧で実数とは前後するかもしれません)

 2010年から2020年までの11年間は、年間100作品のペースを守れていたのですが、昨年は82作品と100作品に達しませんでした。今年はそれをさらに下回るペースです。

 しかし、気にしても仕方ないので、「続ける」ことを第一に、「続けられる」ことに感謝して、マイペースでいきたいと思います。

図書館の神様

著 者:瀬尾まいこ
出版社:筑摩書房
出版日:2009年7月10日 第1刷 2022年4月25日 第14刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 瀬尾まいこさんって、初期からこんないい物語を書いていたんだ、と思った本。

 2019年に「そして、バトンは渡された」で本屋大賞を受賞した著者のデビュー(2002年)後の一作目。

 主人公は早川清(キヨ)、女性。4年後に統合が決まっている鄙びた高校の国語教師として赴任、部員が一人しかしない文芸部の顧問になった。小学校低学年の時から高校生まで、自分の時間を全てバレーボールに費やして成績も残していたが、ある事件によって辞めることになった過去がある。

 物語は、唯一の部員で部長の垣内君と顧問の清の文芸部の1年間を中心に描く。垣内くんは高校3年生だけれど、教師で年上の清よりよほどしっかりしている。部活の事務仕事を含めた活動をテキパキとこなし、「正義とは何か」なんていう清の思い付きのような振りにも、ちゃんと応える。

 そして「そんなクラブ、廃部にしてしまえばいいのに」と言っていた文芸部が、清にとって大事なものになっていく。

 暖かいものが身のうちに流れ込んでくるような物語だった。

 人との関りが清を助ける。垣内くんの他に、清と言葉を交わす男性が3人いる。弟の拓実と、同僚の体育教師の松井と、不倫相手の浅見さん。それぞれの立場に相応しい形で清を支える。垣内くんを含めて男性4人の描き方も、私は好きだ。(不倫はいただけないけれど)

 最後に。終盤に「精神と肉体が同じ方向に同じ分量だけ動かされている」という言葉がある(序盤にこれと対になる言葉もある)。「あぁこの場面にピッタリな表現だな」と思った。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)