心配事の9割は起こらない

著 者:枡野俊明
出版社:三笠書房
出版日:2013年9月5日 第1刷 9月30日 第6刷発行
評 価:☆☆☆(説明)

 タイトルを見て、まぁ心配事をわざわざ作り出してることあるよな、と思った本。

 著者は禅僧で、立場上たくさんの人から不安や悩み、迷いといった相談を受ける。そのほとんどが実は「妄想」「思い込み」「勘違い」「取り越し苦労」にすぎない、という。客観的に見れば「なんでもないこと」に振り回されてしまっていることが多い。本書のタイトル「心配事の9割は起こらない」はそういう意味。

 これだけ読んで「確かにそうだな」と思える人は、本書を読まなくていいと思う。「そんなことない」と思う人の方が、本書を読んでいいことがあるかもしれない。

 本書は5章建て。第1章「さっさと減らそう、手放そう、忘れよう」、第2章「「いま」できることだけに集中する」、第3章「「競争」から一歩離れると、うまくいく」、第4章「人間関係が驚くほどラクになるヒント」、第5章「「悩み方」を変えると、人生は好転する」。各章に10個前後の項目があって、禅の教えがちりばめられている。

 例えば「感情に逆らわない」の項目では、「雲無心にして岫を出ず」という禅語を紹介。雲は無心で「なにものにもとらわれず、風が吹くままに形を変える」という意味。とはいえ、イライラしたりクヨクヨしたりする気持ちは抑えられなず「無心」になるのは難しい。

 だから、喜怒哀楽の感情をなんとかしようとするのでなく「浮かぶに任せ、消えるに任せる」。それが「無心」に近い心のありようだと言う。「無心」にはなれなくとも、近づくことならできる。「近づくだけでいいんだ」と思ったら気が楽になった。

 もう一つ「若い人に任せる」の項目では「閑古錘」という禅語。これは、古びて先が丸くなった錐のこと。穴を開ける役割には使い勝手が悪いけれど、人を傷つけることがないし、なんとも言えない趣、風情がある。年を重ねて鋭さがなくなっても果たせる役割がある。定年間際の私には優しい言葉だと思った。「閑古錘」のような生き方を目指したい。

 最後に。たくさんある項目の中には、どうにも受け入れがたいものもある。聞き飽きたような説教臭いものもある。そういうものは、あるに任せて囚われないで、「これはいいな」と思うものを1つか2つ見つけられれば良し。そんな心持ちで読むといいと思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

著 者:万城目学
出版社:夏葉社
出版日:2022年5月10日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 横長の変わった装丁に「なんだこれ?」と思ったけど、じわじわと後から愛着さえ湧いてきた本。

 万城目学さんのエッセイ集。日本経済新聞や京都新聞に連載したものを中心に、雑誌やオンラインなどその他の媒体に書いたもの加えた、全部で42編のエッセイを収録。初出の時期は2016年から2021年12月まで。

 「万感のおもい」というタイトルから引き継いで、「ついでのおもい」「京都へのおもい」「色へのおもい」「あけくれへのおもい」「大阪へのおもい」と「おもい」を5つに分類して編集してある。

 冒頭にある「ついでのおもい」の「作家のしあわせ」。初出が2021年10月で、「2021年は暗い1年だった」という一文から始まる。「ほとんど家を出ることなく、ひたすら部屋で執筆を続けた」そうだ。コロナ禍の「自粛」のせいだろう。

 しあわせを「状態」と「気持ち」に分けて、自分は「しあわせな状態」だけれど「しあわせな気持ち」を感じることはない、などと言う。私は「万城目さんらしくない」と思う。「暗い1年だった」で書き始めたり、しあわせを分解してぐるぐる思案したりした上にオチもない。コロナの自粛の弊害だと思う。

 「京都へのおもい」から「秘境」。著者が大学1回生のころ。自転車で百万遍から銀閣寺、八坂神社を経て清水寺に至るコースを行った。気の向くままに入り込んだ脇道の一つの先に滝があって、素っ裸のおっさんが水垢離をしていた、という話。

 「あの日、私はどこに迷い込んだのか/そもそも、本当にあった場所なのか」と結んでいる。著者が行ったコースの東側は、東山連峰の山なので、探せばこの滝のありかは分かるだろう。でも、観光ルートに隣り合わせで「異界」が存在する、京都はそんな場所だと思うので、この一編は好きだ。

 他に「京都へのおもい」の「さよなら立て看」の「アホが今日もアホしてる」には同感。「色へのおもい」には意表を突かれっ放し。「あけくれのおもい」はニヤッとさせてくれた。中の尿管結石の話には「ご同輩」と肩をたたきたくなった。「大阪へのおもい」には著者の原点を感じた。

 前言撤回。「作家のしあわせ」のオチは「あとがき」でつけてあった。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

夜に星を放つ

著 者:窪美澄
出版社:文藝春秋社
出版日:2022年5月30日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 夜空の星を見上げるときの気持ちが伝わってくる本

 2022年上半期の直木賞受賞作。星の話が登場する5編の短編を収録した短編集。

 「真夜中のアボカド」は、32歳の女性が主人公。コロナ禍のリモートワーク中に、アボカドの水耕栽培と婚活アプリで恋人探しを始めた。アプリで知り合った男性と会うようになって..。「銀紙色のアンタレス」は、16歳の男子高校生が主人公。夏休みに祖母の家に行って、毎日、夏の海を満喫。そこに幼馴染の少女も来ることに...。

 「真珠星スピカ」は、中学1年生の女子生徒が主人公。2カ月前に母親が交通事故で亡くなったのだけれど、家の中では母親が見えて身振りでコミュニケーションもできる。「湿りの海」は、37歳の会社員が主人公。1年前に妻と3歳の娘が、妻の新しい恋人と住むために出て行った。マンションの隣の部屋にシングルマザーの母娘が引っ越してきた。

 「星の随(まにま)に」は、小学4年生の少年が主人公。2年生の時に父親がが再婚して新しいお母さんができて、この春には弟が生まれた。新しいお母さんは赤ちゃんの世話で大変なのに、自分のこともよく面倒を見てくれる。

 吹っ切れた感じがしたり、小さく息をついたり、フッと笑ったり、少しわだかまりが残ったり、がんばってねと思ったり、それぞれだけれど、どの話も悪くない読後感が残った。主人公が男性も女性もいて、小学生から37歳のバツイチ男性までと様々なのも、いろんな料理を少しずつ味わうように楽しめた。

 主人公は様々だけれど共通して描かれるものもあった。それは何かを抱えた女性たち。幼い子どもを育てる母親が何人か登場するけれど、それぞれに思うようにならない焦燥がある。大事な人を亡くして空疎を抱えている人もいる。また、様々な形の家庭を描いていることも、本書の特徴だと思う。

 直木賞というビッグタイトルの華々しさは感じない。でも「私の好きな一冊」に、たくさんの人がこの本を挙げる。そんな評価のされ方が似合う作品だと思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

ブログを始めて20年になりました!

 本日2022年9月4日は、このブログを始めてちょうど20年の記念日です。
 最初の記事は、2002年9月4日の「海底二万海里/ジュール・ベルヌ」でした。

 ここまで続けてこられたのは、読んでくださる皆さんがいたからこそです。この場を借りて御礼申し上げます。

 投稿数は1,689、紹介した本の数は1,585です。本の評価別では☆5つが44、☆4つが747、☆3つが726、☆1~2は67。割合では☆5つは約3%、☆4つは47%、☆3つは46%、☆1~2は4%。

 作家さん別では、伊坂幸太郎さん48、有川ひろさん38、ダイアナ・ウィン・ジョーンズさん38、東野圭吾さん28、三浦しをんさん27、上橋菜穂子さん26、恩田陸さん23、梨木香歩さん21、森見登美彦さん21、の順でした。

 ジャンル別では、一般小説467、ミステリー276、ファンタジー237、ノンフィクション138、経済・実用書138、オピニオン126、エッセイ59でした。(重複の処理が曖昧で実数とは前後するかもしれません)

 2010年から2020年までの11年間は、年間100作品のペースを守れていたのですが、昨年は82作品と100作品に達しませんでした。今年はそれをさらに下回るペースです。

 しかし、気にしても仕方ないので、「続ける」ことを第一に、「続けられる」ことに感謝して、マイペースでいきたいと思います。

図書館の神様

著 者:瀬尾まいこ
出版社:筑摩書房
出版日:2009年7月10日 第1刷 2022年4月25日 第14刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 瀬尾まいこさんって、初期からこんないい物語を書いていたんだ、と思った本。

 2019年に「そして、バトンは渡された」で本屋大賞を受賞した著者のデビュー(2002年)後の一作目。

 主人公は早川清(キヨ)、女性。4年後に統合が決まっている鄙びた高校の国語教師として赴任、部員が一人しかしない文芸部の顧問になった。小学校低学年の時から高校生まで、自分の時間を全てバレーボールに費やして成績も残していたが、ある事件によって辞めることになった過去がある。

 物語は、唯一の部員で部長の垣内君と顧問の清の文芸部の1年間を中心に描く。垣内くんは高校3年生だけれど、教師で年上の清よりよほどしっかりしている。部活の事務仕事を含めた活動をテキパキとこなし、「正義とは何か」なんていう清の思い付きのような振りにも、ちゃんと応える。

 そして「そんなクラブ、廃部にしてしまえばいいのに」と言っていた文芸部が、清にとって大事なものになっていく。

 暖かいものが身のうちに流れ込んでくるような物語だった。

 人との関りが清を助ける。垣内くんの他に、清と言葉を交わす男性が3人いる。弟の拓実と、同僚の体育教師の松井と、不倫相手の浅見さん。それぞれの立場に相応しい形で清を支える。垣内くんを含めて男性4人の描き方も、私は好きだ。(不倫はいただけないけれど)

 最後に。終盤に「精神と肉体が同じ方向に同じ分量だけ動かされている」という言葉がある(序盤にこれと対になる言葉もある)。「あぁこの場面にピッタリな表現だな」と思った。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

疲れリセット即効マニュアル

著 者:梶本修身
出版社:三笠書房
出版日:2017年8月5日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 なんだか疲れやすい。お医者に行くほどではない、行っても原因はわからない。そんな人が読んだらいいと思う本。

 著者は大阪市立大学の「疲労医学講座」という、「疲労医学研究」を専門に行う、日本で唯一の研究室の代表。その著者が「疲労のメカニズム」と、「昼間・仕事中」「夜・家に帰ってから」「休日・プライベート」「考え方」の4つの場面とテーマに分けた「その場で簡単にできる疲労リセット法」を伝える。
 「はじめに」にそう書いてあった。「その場で簡単にできる」は、気をそそられるけれど、なんだかウソくさい。本当ならありがたいけれど..。期待半分で読み始めた。

 著者の研究で、運動による疲労も、デスクワークによる疲労も、眼精疲労も、心因的なストレスも、すべての疲れの原因は脳内の「自律神経」にあった、ということが分かったそうだ。

 運動やストレスで自律神経に過度な負担がかかると、活性酸素が発生して自律神経のパフォーマンスが低下する、これが「疲労」の正体。そしてこれ以上自律神経を傷めないように、脳が発信したアラートが「疲労感」。

 だから疲労の回復のためには、「自律神経への負担を抑える生活習慣」「活性酸素の酸化作用を抑える「抗酸化作用」を持つ成分が含まれる食べ物を摂る」「自律神経の酸化を回復する質の高い睡眠」が大事になる。

 「生活習慣」「食事」「睡眠」。なんのことはない、よく知っていることだった。それでも、それらが大事なことの「なぜ?」を説明してもらって得心することはできた。「疲労」と「疲労感」が違うことも発見だった。栄養ドリンクを飲んで軽減するのは「疲労感」であって「疲労」ではない。

 また「その場で簡単にできる」も半分ぐらい本当だった。生活習慣や食事は簡単には効果がでないけれど、本書には「疲れやすい人」と「疲れない人」の対比が30項目あって、これらは比較的簡単に「疲れない人」の方を実行できる。(中にはちょっと疑問が残るものもあるけれど)

 例えば「デスクワーク」。疲れやすい人は「一段落つくまでがんばって、まとめて休憩をとる」。疲れない人は「一段落つこうとつくまいと、1時間おきにトイレに立つ」。仕事内容によると思うけれど、私の今の仕事なら即実行できる。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

戦争は女の顔をしていない

著 者:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 訳:三浦みどり
出版社:岩波書店
出版日:2016年2月16日 第1刷 2022年4月15日 第14刷発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

リアル版の「同志少女よ、敵を撃て」。簡単には読めないけれど、簡単には断念もできない本。

本書は、ベラルーシのジャーナリストである著者が、第二次世界大戦でドイツとの戦争(独ソ戦)に従軍したソ連の女性兵士たち500人以上を取材し、その肉声をまとめたもの。今年の本屋大賞を受賞した「同志少女よ、敵を撃て」の著者の逢坂冬馬さんが、インタビューで「同書の執筆を決意させた」本、とおっしゃっている。

第二次世界大戦でソ連では100万人を超える女性が従軍している。他国のように看護婦や軍医としてだけではなく、狙撃兵や高射砲兵、機関銃兵といった実際に人を殺す兵員としても参加している。またパルチザンなどの抵抗運動に参加していた女性たちも多くいる。年齢は15歳ぐらいからで、まさに「少女」も従軍していた。

「女が語る戦争」は「男が語る戦争」とは違う。男が語る戦争は、どこどこの戦線にいて、進撃したとか退却したとかいう事実、あるいは「記録」。こういうことは本書の前にも多く語られている。女が語る戦争は、どこどこに行ってこんなことをした、その時こういう気持ちだった、という体験や気持ち、あるいは「記憶」。これらは口を閉ざされて長く表に出ることはなかった。

なぜ口を閉ざしていたか?独ソ戦はソ連にとっては、祖国を守った勝利の戦争。戦争から戻った兵士は英雄だ。たとえ足を片方失くしても英雄だし結婚もできた。しかしそれは男の兵士のことで、女の兵士を迎えた社会は冷たかった。「戦地で何をしていたか知ってるわ。若さで誘惑して、あたしたちの亭主と懇ろになってたんだろ。戦地のあばずれ、雌犬」と侮辱を受けた話が載っている。だから、女たちは口を閉ざして戦争のことを言わない。戦後までを含めて女と男の戦争は違う。

簡単にまとめるとこんな感じのことが、本書には書かれている。しかしもっと遥かに複雑な物事が記されている。(ざっと数えてみたら)170人あまりの「肉声」は、当たり前ながら多様で要約にはなじまないし、「かわいそう」といった安易で一面的な見方も慎まなければならない。

例えば、生々しい戦闘の話と一緒に、恋愛のことを語る人もいる。彼女らにとっては「青春」の日でもあった。私が一番意外だったのは、進んで志願してこの戦争に加わった人が多数いたことだ。また、私にとっては「同志少女よ、敵を撃て」の影響は大きく、「狙撃兵」と書いてあればセラフィマと重ね合わせ、「オリガ」という名前を見ると複雑な気持ちになった。

随所に挟まれる著者による取材や出版の経緯などで、戦後のソ連、ロシアのことが分かる。本書は脱稿した後もしばらくは無視され、ゴルバチョフがソ連の書記長になる1985年まで出版されなかった。さらに、著者の祖国のベラルーシでは、大統領が著者を非難し長く著者の本は出版されていない。その大統領は今も現職で、ロシアのウクライナ侵攻を支援している。

著者は、2015年にノーベル文学賞を受賞した。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

香君(上)西から来た少女 (下)遥かな道

著 者:上橋菜穂子
出版社:文藝春秋
出版日:2022年3月25日 第1刷発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 この物語が示唆する危うさは、私たちの危うさそのものだと思った本。

 主人公はアイシャ。物語の始まりでは15歳の少女だった。彼女には特別な能力がある。他の人には感じられない香りを感じることができる。例えば、無味無臭(と他の人は思っている)の毒薬の匂い、その毒薬をつまみ入れた人の指の匂いまで。さらには、植物が虫に食われて発する匂いも、悲鳴のようにはっきりと感じる。

 舞台は、ウマール帝国という架空の国。帝国の本国の他に、新たに征服した4つの藩王国を従えている強大な国だ。ウマール帝国の建国の歴史には
「香りで万象を知る」という女性が関わっている。そう、アイシャのように他の人には感じられない香りを感じる女性。「香君」と呼ばれる活神で、何度も生まれ変わりを繰り返して今も存在している。

 物語は、理解者に守られて成長するアイシャを描く。今の「香君」とも出会って親密な感情を抱き、しばらくは平和な暮らしを送る。しかし、帝国の主要な穀物である「オアレ稲」の虫害が広がって、その対処のために奔走したり、帝国と藩王国の間の政治的な駆け引きに巻き込まれたり、その平和は長くは続かず、身の危険さえ感じることになる。

 上橋菜穂子さんの真骨頂と言える物語だった。アイシャという一人の少女の物語を通して本当に描かれているのは、人の世界の危うさと難しさだ。

 たった一つのものに頼り切ること、その危うさ。全体を救うために部分に犠牲を強いること、その難しさ。最悪の事態を想定して、最大限の手を打つこと、その難しさと大切さ。人知を超えたものに立ち向かう、挫けない気持ちと勇気。陳腐に聞こえるかもしれないけれど、そういうことを真正面から感じることができた。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

編集をひもとく

著 者:田村裕
出版社:武蔵野美術大学出版局
出版日:20年月日 第刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 本を「情報」だと考えている人には分からないだろうな、と思った本。

 本書は書物の「編集のされ方」を観察するための手引書。「編集」というのは、(1)ある一定の方針のもとに(2)材料となる様々な情報を集め(3)取捨選択や組み合わせを行って(4)まとまりのあるかたちにつくり上げること。「観察」は、編集方針やコンセプト、編集方法、表現の特徴を読み取ること。さらには使われている活字や紙、印刷や製本の方法などにも目を向ける。

 現在流通している文芸書の多くは、書籍本体に「カバー」が巻かれ、さらに下部を覆うように「帯」が巻かれている。本体の方は表紙があって、1枚紙を挟んでメインの「本文」が始まる。「本文」は四辺に余白があり、余白には章タイトルやページ番号などが入る...。といったことを意識して見るのだ。

 まぁ本を手に取ってこんなことを考える人は、そう多くないだろう。しかし、こうした細かいことのどれ一つを取っても、誰かが決めているわけで、決めるからには何らかの「意図」がある。その意図は読者が意識しなくても伝わることもあるし、伝わらないこともあるのだろう。「ものづくり」に似ている。というか「ものづくり」そのものだ。

 私は毎日のように本を読んでいるのだけれど、その本の違う見方を得られてとても新鮮な気持ちがした。

 また、本に関する知識も増えた。例えば「台割」。印刷機が一回転すると表裏8ページずつの16ページが印刷され、これを「台」と呼ぶ(これを3回折り畳むと16ページの小冊子状になる)。240ページの書籍なら15台あるわけだ。その15台のそれぞれにどんな内容を割り振るのかを決めたものが「台割」

 例えば、雑誌などでカラーからモノクロにページが切り替わっていたら、それはたぶん16ページの倍数で切り替わっている。カラーだけでなく、紙質が変わっていたりすることもあるそうだ。そういう編集の「意図」があるわけで、それは何かを考えたりすることもできる。

 このほか、書籍の各部分の名称、出版の歴史や、製本の分類、文字フォントなどなど。いろいろなことを平易な言葉で教えてくれる。「読書が好き」なだけではなくて、「本(そのもの)が好き」になりそうだ。

 最後に。そう言えば「電子書籍」には、この本に書かれた多くのことを備えていない。なんと味気ないことだろう。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 

幸村を討て

著 者:今村翔吾
出版社:中央公論社
出版日:2022年3月25日 初版発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 真田家の深謀遠慮に恐れ入った本。

 「塞王の盾」で直木賞受賞後の著者の第一作。

 冬・夏2回の大坂の陣を、真田家と他の武将たちを主人公とした群像劇に仕立てた作品。描かれるのは、真田幸村、真田信之、徳川家康、伊達政宗、後藤又兵衛、毛利勝永、織田有楽斎...きら星のごとき面々。帯に「戦国万華鏡」とあるけれど、なかなか的を射た例えだと思う。

 最初に描かれるのは家康。関ヶ原の合戦から11年後。徳川と豊臣の両家の緊張が高まる中、二条城で豊臣秀頼と対面し、その偉丈夫さを目にして「豊臣家を潰す」と心に決める。そして決戦を前に策を練り、豊臣に与力する武将を思案するに思い出したのが、紀州九度山に幽閉した真田昌幸。かつて二度も徳川を破った男。しかし昌幸は2年前に亡くなっていた。

 そして、冬の陣で大坂城の南の出城「真田丸」で幸村と対峙する。幸村には戦場経験がほとんどない。家康は、幸村にはあんな見事な策は打てないと考え、「儂は誰と戦っているのだ(昌幸なのではないか)」と訝しむ。さらに夏の陣では、その幸村が徳川本陣にまで突撃してきて、己に向かって十文字槍を放つ。

 とまぁここまでをわずか70ページで駆け抜ける。しかも、家康の昌幸に対する憎しみと嫉妬を混ぜたような複雑な感情を、奥深く描いている。

 次は織田有楽斎、その次は南条元忠、その次は後藤又兵衛、伊達政宗...
と、主人公を変えて物語は続く。それぞれの過去から、人によっては幼少のころから描き始めて、大坂の陣でクライマックスを迎える。50~80ページぐらいで、「家康編」と同じように、物語の奥深い上にその疾走感がたまらない。

 ちょっとしたミステリーとか、忍者の活躍とか、幸村の名の秘密とか、壮大な「真田家の戦」とは?とか、語りたいことはたくさんあるけれど、これは読者だけの特権に取っておきたい。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)