2.小説

星落ちて、なお

著 者:澤田瞳子
出版社:文藝春秋
出版日:2021年5月15日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

「普通」を求めても得られない、主人公の生き方が哀しくも頼もしかった本。

2021年上半期の直木賞受賞作。

明治、大正、昭和の時代を生きた女絵師の一代記。主人公の名前はとよ。天才絵師の河鍋暁斎の娘。その暁斎が59歳で亡くなった葬儀の後から、物語は始まる。明治22年、とよが22歳の時。

父の暁斎は師匠から「画鬼」とあだ名された。歌川国芳を最初の師として、狩野家で厳しい修行を積み、やまと絵から漢画、墨絵まで様々な画風を自在に操った。しかし「画鬼」たる所以は「絵のことしか考えぬ男」だったからだ。生家が火事だと聞けば画帖を持って駆けていって、火消しではなくて写生をする。自分の臨終の床で、嘔吐する自分とそれを見て仰天する医師を描いた。

とよは、そんな父のもとで5歳の時から稽古を始めた。とよにとって暁斎は父であるより師だった。自分が大人になり父を亡くして振り返ればそう感じた。実は多くいる兄弟姉妹のうち、兄の周三郎ととよの二人だけが、絵師の道を継いだ。兄の周三郎は父の絵だけでなく、性格も色濃く受け継いだらしい。父の葬儀を中座して家に帰って、注文された絵を描いていた。

物語は、ここを始点にして大正13年までの35年間の時々を描く。その間にとよの親しい人たちが一人また一人といなくなっていく。衝突は絶えなかったが、同じ道に進んだ周三郎も逝ってしまう。

淡々とした筆致に、筋の通ったとよの生き方を感じた。読んでいる最中は、もっと劇的なドラマがあってもいいんじゃないかと思った。しかし、とよも暁斎も周三郎も実在の人物で、それを考えれば十分に掘り下げた質のいいドラマに仕上がっている。

著者の作品を読むのはこれが初めて。調べると様々な賞を受賞されている。「若冲」という作品もある。読んでみようと思う。

最後に。「自分の如き画鬼の娘は結局、まともな相手と家族ではいられぬのだ」というとよの心の内の言葉が哀しい。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

書店ガール5 ラノベとブンガク

著 者:碧野圭
出版社:PHP研究所
出版日:2016年5月20日 第1版第1刷
評 価:☆☆☆(説明)

 新天地で頑張る姿に思わず応援したくなった本。

 「書店ガール」の第5巻。このシリーズの最初の3巻は、西岡理子と小幡亜紀の二人の書店員が主人公で、前作「書店ガール4 パンと就活」で、彼女たちの後輩の高梨愛菜と別の書店の宮崎彩加の2人にスイッチされた。本書では宮崎彩加を残して、もう一人は小幡伸光が主人公になった。

 伸光は編集者で、大手出版社のライトノベル部門の責任者。そして3巻まで主人公だった小幡亜紀の夫でもある。前回の主人公のスイッチでも物語が広がったけれど、今回の主人公の交代も同じようによかった。「書店」でも「ガール」でもないのが反則かもしれないけれど、そんことはいい。

 彩加は前作の終わりに、契約社員から正社員になると同時に、茨城県は取手の駅中書店の店長になった。前にいた吉祥寺のお店でも担当していた、得意な文芸書で店づくりをしているが、どうも客層が違うようだ。伸光は元はコミックの編集者だったが、会社の方針でライトノベルのレーベルを一から立ち上げた。ライトノベル業界の中でも会社の中でも、新参者で立場が弱い。

 二人とも苦労している。特に伸光の方は、あちらからもこちらからも逆風が吹いている感じで、会社員であれば誰しも身につまされる。その後は、解説の大森望さんが「いくらなんでも話が出来過ぎじゃないか」と書くような展開なのだけれど、リアリティがないわけではない。なにより私がこういう展開を期待していた。

 彩加の恋バナもちょっとあって、これは今後も続けて欲しい。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

プリンス

著 者:真山仁
出版社:PHP研究所
出版日:2021年6月10日 第1版第1刷発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 この40年ぐらいの間に起きた、アジアの国のいくつかの事件を思い出した本。

 物語はメコン共和国という東南アジアの架空の国の、大統領選を巡る陰謀を描いている。現政権は10年前にクーデーターによって軍部が樹立した。以来、大統領選はおろか国会議員の選挙もまともには行われていない。今回の選挙は、民主化への移行を国際社会から要求されて実施されることになった。

 選挙戦のプレイヤーは、表面的には現大統領と国外追放中の上院議員の2つの陣営。裏側では、軍部や秘密警察が動いている。さらに背後で利権を目当てにイギリスやアメリカの情報機関が暗躍している。身柄の拘束もあり、拷問もあり、暗殺もあり。誰と誰が組んでいるのか?この事件の首謀者は誰なのか?まぁとてもおっかなくて複雑なのだ。

 この複雑な状況の中で、焦点を当てて描かれるのは3人。一人目がイギリス大使館の一等書記官のカートライト。外交官人生の中でこれが3回目のメコン共和国への赴任。二人目はピーター・オハラ。立候補を予定している上院議員の息子で早稲田大学に留学中。三人目は犬養渉。早稲田大学の学生で「I’ll protect constitutional rights(僕は立憲主義を守る)」という活動をしている。

 力強く牽引されるような物語だった。舞台となった東南アジアの熱い空気まで感じた。渉は「もっと命がけで政治活動をしなければならない場所に、身を置いて政治を考えたい」と言って、ピーターと共にメコンに渡る。そこで民主主義を勝ちとるための、文字通りに命がけの戦いを経験する。熱いのは空気だけではなくて、人々の思いもそうだった。

 渉とピーターの最初の会話が心に残る。国会前デモに誘う渉の路上ライブの後、ピーターが「僕の国では、こんな政治的主張をすつ若者は、いません」と言い「メコンの人には、俺らの活動は、確かにごっこ遊びにしか見えないだろうね」と返す。

 彼我の差は大きく、彼の国では政府に反する主張は命に関わる。日本では取り合えずそれだけでは、命に関わることはもちろん拘束されることもない。民主主義とはかくもありがたいものなのだ。だからこそ守らないといけない。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

ヒトコブラクダ層ぜっと(上)(下)

著 者:万城目学
出版社:幻冬舎
出版日:2021年6月25日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 著者がインタビューで「インディ・ジョーンズみたいな話」とおっしゃっているけれど、まさしくそういう本。

 万城目学さんの最新刊。「小説幻冬」2017年11月号から2021年3月号に掲載したものに加筆・修正を加えたもの。

 主人公は梵天、梵地、梵人の榎土三兄弟。三人は三つ子で26歳。3歳のときに家に隕石が直撃して両親を亡くす。小学校卒業まで叔父さんが育ててくれたが、中学からは3人で生活をしている。三人にはそれぞれ特殊な能力がある。梵天は壁などの向こうに意識を飛ばしてそこにあるものが見える。梵地はどんな言語でも相手が話していることが分かる。梵人には未来が見える。とはいえ梵天が意識を飛ばせるのは3秒間だけ、梵人に見える未来も3秒後の未来。

 梵天には人生の目標がある。「恐竜の化石を発見する」という目標。それに向かって、三兄弟は力を合わせた。..中国マフィアと組んで貴金属店から5億円相当の貴金属を盗んだ。その分け前で梵天は、ティラノサウルスの歯の化石が出たことがある場所を山ごとを買った。思う存分発掘ができる。能力を使えば、地面の下に埋まったものも見ることができる。3秒を延々と繰り返すことになるけれど。

 ここまでが物語の前日譚。この後、梵天の山に集まっていた三兄弟の前に、真っ青な毛皮を着た謎の女性が現れ(なんと彼女は生きたライオンを連れていた)、貴金属店の窃盗をバラされたくなければ言うことに従え、と脅される。抵抗の余地もなく言うなりになった三人は、なぜが自衛隊員に応募し訓練に参加することになり、さらにはPKOの先遣隊としてイラクに、さらには...と、3人をその意思とは関係なく遠くへ連れていく。ジェットコースターのようにぶんぶん振り回されながら。

 面白かった。詳しくは書かないけれど「どこまで風呂敷を広げるねん」というぐらい大風呂敷が広がっていく。神話のこと考古学のこと化石のこと射撃のこと政治のこと..。著者がよく調べたらしく、ちょっとした知識がたまっていく。読んでいる最中は「語りすぎ」な気もしたのだけれど、大風呂敷に芯をいれるような効果があって、物語が引き締まったと思う。

 上下巻の「上」までは、あまり何も起きない。もちろんいろいろとユニークな出来事はあるのだけれど、ジェットコースターの前半の急カーブみたいなもので、やっぱりメインは後半の宙返り、本書では下巻のかなりの部分がそれにあたり、タップリと楽しませてくれる。

 最後に。銀亀三尉という自衛官が出てくるのだけれど、いい味を出している。銀亀さんのスピンアウトがあってもいいと思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

彼女たちの部屋

著 者:レティシア・コロンバニ 訳:齋藤可津子
出版社:早川書房
出版日:2020年6月25日 初版発行
評 価:☆☆☆(説明)

 100年前に頑張った人のおかげで少し良くなった未来としての今があるのだ。そんなことを思った本。

 世界的な大ベストセラーとなった「三つ編み」の著者の第2作。前作と同じように、人生の厳しい試練の時にある女性たちが登場する。

 今回は主人公は2人の女性。一人目のソレーヌは、パリの有名法律事務所の弁護士として活躍していた。すべてが順調だった人生が40歳の時に、ある事件のショックで一変してしまう。何日も起き上がれない日々を過ごした後、何とか一歩を踏み出すが..。二人目のブランシュは、救世軍の女性士官から国レベルのトップである本営長にのぼりつめた。

 ソレーヌが生きるのは現代、ブランシュの物語は1925年~26年。二人の間には100年の時がある。だから、交互に語られる二つの物語が交わることはない。でもつながってはいる。

 ソレーヌの状態に対する医師の見立ては「燃え尽き症候群」。アドバイスは「ほかの人のために何かしてみませんか、ボランティアとか」。曲折を経て、いろいろな理由で困窮する女性たちが住む施設の「代書人」になる。私信から事務的書状まで、依頼に応じて文書作成をサポートする。週1回1時間の出張サービス。「いろいろな理由」を抱える入居者たちは簡単には心を開いてくれない...。

 物語は、ソレーヌが代書人として通う施設での出来事がけん引する。ブランシュも主人公なのだけれど、ソレーヌのパートの方が倍以上もある。アンバランスではある。しかし、ソレーヌの物語で描かれるのはソレーヌだけではなくて、施設に住む何人もの女性でもあることと、ブランシュの物語はソレーヌの物語に奥深さを与える役割を果たしているので、これでいい。なかなか巧みな配分だったと思う。

 胸が痛むエピソードが多いけれど、やさしくて力強い物語だった。冒頭に「人生の厳しい試練の時にある女性たち」と書いたけれど、それはソレーヌであり、ブランシュであり、施設の女性たちのことだ。つけ加えると、彼女たちは「厳しい試練の中を人生を切り拓いた女性たち」でもある。

 男はどこに?ブランシュと一心同体の夫のアルバンや、ソレーヌにボランティアを紹介したレオナールがいる。この二人のあり方も、男性のロールモデルであるかもしれない。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

JR上野駅公園口

著 者:柳美里
出版社:河出書房新社
出版日:2017年2月20日 初版 2021年1月9日 17刷発行
評 価:☆☆☆(説明)

 奥の深い名作なのだとは思うけれど、今の自分には合わないかな?と思った本。

 2020年の全米図書賞翻訳文学部門の受賞作品。全米図書賞のことはよく知らなかったけれど、それで興味を持ったので読んでみた。

 主人公は上野公園でホームレスとして暮らしていた男性。自身のホームレスとしての生活を過去形で語っているから、今は違うのだろう。昭和8年今の上皇陛下と同じ年に、福島県相馬郡八沢村に生まれた。昭和38年、東京オリンピックの前年に東京に出稼ぎに来た。60歳で帰郷するも数年してまた東京に来て上野公園で暮らし始める。

 主人公の人生を追って紹介したけれど、物語ではこのように簡潔には描かれていない。12歳で出稼ぎの漁に出る、成人して結婚、東京で土木工事の出稼ぎ、その間にあった子供の誕生とその死、帰郷後の出来事、ホームレス生活、そして現在。様々な時代のことが、主人公のひとり語りで目まぐるしく前後する、特徴的な構成だと思う。

 読んで楽しい物語ではない。「運がない」。主人公が母親に言われるし自身もそう言う。子どもを先に亡くしているし、妻にも先立たれた。12歳で出稼ぎに行かなくてはならなかったし、人生の大半は貧乏だった。「運がいい」とは言えない。

 ただ、妻子や親が相次いで亡くなってしまったけれど、主人公には気にかけてくれる人がまだいたのに、どうして..。と思ってしまう。

 ここまでは感想。ここからはちょっと解説。主人公が上皇陛下と同い年で、実は息子は天皇陛下と同じ日に生まれている。その他にも天皇家が関係するエピソードが多く描き込まれていて、主人公の人生との対比と距離感が、日本人の心性をうまくかもし出している。見方によってはずいぶんと奥の深い作品だと言える。

 さらに言えば、天皇制以外にも、敗戦、高度成長、東日本大震災が描き込まれている。国内よりも米国でまず評価されたのには、この作品に「(異文化としての)日本」を感じたからではないかと思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

三つ編み

著 者:レティシア・コロンバニ 訳:齋藤可津子
出版社:早川書房
出版日:2019年4月25日 初版 7月10日 4版 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

「最近読んだ本で何かおススメは?」と聞かれたら、これをおススメしようと思った本。

本書は、フランスで2017年に出版され大ベストセラーとなり、世界32か国で翻訳されているという。日本の出版社のサイトに「フランスで120万部突破、日本でも続々重版」という記事が掲載されたのが2019年4月。日本の様々な書評でも絶賛されている。

主人公は世界の3大陸にそれぞれ暮らす3人の女性。インド・ウッタル・プラデーシュ州に暮らすスミタには6歳の娘がいる。イタリア・シチリアに暮らすジュリアは20歳。父親が経営するヘアピースやかつらを作る工房で働いている。カナダ・モントリオールのサラは40歳。法律事務所のアソシエイト弁護士。3人は住む大陸だけではなく年代も境遇も違うが、タイトルの「三つ編み」は、この3人の物語がどこかで縒り合さることを予感させる。

境遇のことで言えば、三人三様ながらそれぞれに厳しい試練を迎えていた。しかしスミタのそれは、他の2人とは次元が異なる過酷なものだ。スミタは最下層身分の「不可触民」で、他人の糞便を素手で拾い集める仕事をしている。もし何か不手際があれば、命の危険さえある虐げられた人々だ。そのスミタはこの境遇から娘を救い出すために、引き返すことのできないある行動に出る。

読んで主人公たちのしなやかな力強さに深い感銘を感じた。3人の物語が順に繰り返され並行して進むのだけれど、スミタの物語になる度にページを繰る手が止まって、胸に痛みを感じる。読み進むうちにサラの物語でも。ジュリアの物語ではそうならないのは、ジュニアには寄り添ってくれる人がいたからだろうか?

本書は「フェミニズム小説」と称されていて、「女性の物語」であることは明らかだ。女性の読者は主人公を自分と重ねて読む人もいるのだろう。男性である私にはそれはできないけれど、世の理不尽を感じながら私も暮らしているので共感はできる。それに、自分の妻や娘や友人を思うこともできる。そうして深い感銘を感じた。

最後に。覚えておきたい言葉を引用。

鏡にうつる自分の姿は敵ではなく、味方でなくてはならない

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

書店ガール4 パンと就活

著 者:碧野圭
出版社:PHP研究所
出版日:2015年5月22日 第1版第1刷
評 価:☆☆☆☆(説明)

 シリーズの主人公が変わって「おっ!」と思った本。

 「書店ガール」の第4巻。これまでの3巻の主人公は西岡理子と小幡亜紀という、吉祥寺の新興堂書店の書店員2人だったけれど、本書では高梨愛菜と宮崎彩加の2人にスイッチされた。愛菜は新興堂書店の学生アルバイト、彩加は駅ビルにある別の書店の契約社員。勤め先は違っているけれど二人は友人。

 愛菜は大学3年生で友人たちは就活をスタートさせている。愛菜自身はこのまま書店業界に就職、という考えもある。しかしそれを聞いた友人たちは「えっ本気?」という反応。彼らにしてみれば、書店などという斜陽産業に就職するなんて「将来とか真剣に考えてるのか?」ということなのだ。

 彩加には正社員への登用の話が持ち上がる。ただし、新規オープンする茨城県の取手店への店長としての転出が条件。さらに実家の沼津の母親から伯母が経営する書店の相談を受ける。差し当たっては改装の相談だけれど、「あんたが継いでくれるなら、それでもいい」という話もされる。

 とても興味深いストーリーだった。主人公のスイッチが物語の広がりに繋がった。例えば、年齢をぐっと下げた愛菜を主人公としたことで、就活というほとんどすべて読者に共通するテーマを取り込んだ。彩加のエピソードは、これまで首都圏が中心だったシリーズに、地方都市が抱える問題を違和感なく加えることができた。

 次は物語がどんな風に広がっていくのか楽しみだ。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

オルタネート

著 者:加藤シゲアキ
出版社:新潮社
出版日:2020年11月20日 発行 2021年3月25日 10刷
評 価:☆☆☆(説明)

 あまり期待はしていなかったのだけれど、けっこう楽しめた本。

 第42回吉川英治文学新人賞受賞、本屋大賞ノミネート作品。

 主人公は高校生が3人。新見蓉(いるる)、東京の円明学園高校3年生、調理部の部長。伴凪津、円明学園高校1年生、SNS「オルタネート」を信奉している。楤丘尚志、大阪の高校を中退、円明学園高校にかつての同級生がいる。東京の円明学園高校を主な舞台として、3人の物語が並行して、時に少し交錯しながら進んでいく。

 本書のタイトルにもなっている「オルタネート」は、高校生専用の実名制のSNSで、お互いが「フロウ」を送りあうとメッセージなどの直接のやり取りができる。高校生に大人気だ。条件を指定すると、相性のいい会員をレコメンドしてくれる。新しい機能として遺伝子解析によって、相性のマッチングを図るサービスが加わった。凪津の信奉は、これによって理想の相手を見つけ出すことができる、という期待の裏返しだ。

 物語は、蓉の高校生の料理コンテスト「ワンポーション」への挑戦、凪津の理想の相手探し、尚志の同級生との再会とその後、を描く。こう書くと単調なように感じるかもしれないけれど、主人公3人以外に、同性愛者のダイキや、料理コンテストの対戦相手の三浦くん、凪津のクラスメイトの冴山さんらが、主人公3人の物語や自身のエピソードの中で、生き生きと描かれ、複層的な群像劇になっている。

 面白かった。時に散漫な感じを受けることもあったけれど、それぞれの高校生の暮らしぶりが良く描かれていて、興味が尽きなかった。タイトルになっている割には「オルタネート」はこの物語に必要かな?なんて思ったけれど、まぁいいか。

 私が感じた本書のキラーフレーズを引用。

 まるでガイドブック通りの旅行みたいだ。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

始まりの木

著 者:夏川草介
出版社:小学館
出版日:2020年9月30日 初版第1刷
評 価:☆☆☆☆(説明)

 読み終わって心が洗われたように感じた本。

 「神様のカルテ」シリーズで、医療の現場の様々な人間ドラマを描いた著者による新刊。

 主人公は藤崎千佳。東京都心にある国立東々大学の民俗学研究室の大学院生。物語は、この研究室の指導教官である、准教授の古谷神寺郎と千佳のフィールドワークで出かけた旅先での出来事を主に描く。弘前、京都、長野、土佐..さらに出かけた先で少し足を伸ばすことも多く、様々な土地を訪れる。

 古谷准教授は40代。行間から受ける印象はもっと上の年代なのだけれど、それは古谷が、学会では実績のある高名な民俗学者であることだけでなく、ほとんど病的なまでの偏屈で、誰に対しても暴言を吐きまくるからだ。しかしその偏屈さを好ましく思っている人が多いのは、方々で出会う古谷の知己たちの態度で分かる。千佳も嫌いではない。

 洗練されたストーリーが深く沁み入るような物語だった。主人公は千佳だけれど、物語を通して描かれるのは古谷という人物の成り立ちだ。詳しくは言わないけれど、同じ民俗学者であった妻を亡くした痛みと、民俗学に対する強い信念が、古谷と言う人物を形作っている。

 そしてその偏屈な学者がフィールドワークに千佳を伴うのは、千佳に何かを託そうとしているのだろう。旅先で千佳は、度々不思議な出来事に出会うのだけれど、それは千佳自身が持っているものが引き寄せているのだと思う。

 その「不思議」のひとつが、紅葉の鞍馬に向かう叡山電車で起きる。私にとってはいくつもの思い出がある場所で「あそこならそういうことも起きる」と思った。

 最期に。古谷の言葉をかみしめたい。
 この国の人々にとって、神は心を照らす灯台だった
 民俗学の出番だとは思わんかね

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)