ゼロエフ

著 者:古川日出男
出版社:講談社
出版日:2021年3月3日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 楽しいことは書いてないけれど、大事なことなら書いてある本。

 著者は作家で福島県郡山市出身。本書は著者が、主に福島県内を長距離、徒歩で歩いたルポルタージュ。徒歩行は2回。1つ目は、2020年の7月から8月にかけての19日間280キロ。2つ目は11月の末の4日間80キロ。

 そのきっかけは、東京オリンピックが「復興五輪」を謳ったことを「単純に妙だと」思ったことだ。だから、その開会式から閉会式までの間、福島県内を歩いて、歓迎されているのか?復興に貢献しているのか?見よう、そして話を聞こうと考えた。

 福島県は「浜通り」「中通り」「会津」に大きく分かれる。1つ目の280キロは、「中通り」を縦断する国道4号線を北上し、「浜通り」を縦断する国道6号線を南下する。その折々にたくさんの人の話を「傾聴」する。それぞれが遭遇した東日本大震災と原発事故、その後の9年間のことが、丹念に掘り起こされる。

 2つ目の80キロは、阿武隈川が宮城県に入って海にそそぐ手前で、国道4号線と6号線が合流するのだけれど、その合流地点の前後を歩く。著者は、子どものころに川で溺れた(溺れた子を助けようとして沈められた)ことがある。その川をたどると阿武隈川に出る。この道行きには、そうした著者の記憶も関係している。

 読むのに体力が必要だった。

 360キロを歩いた著者の体力に比べるべくもないけれど、その一部を請け負うぐらいの気持ちがした。「ルポルタージュ」としては丹念に人の話を聞き、記録されている。どの人の話も傾聴に値する。東日本大震災は、人によって異なる経験だった。

 しかし、被害の大きさ、深刻さ、政治的な意味合いなどで、世間はその経験に「重要度」をつけてしまう。原発事故のあまりの衝撃に、「重要性」を吹き飛ばされてしまった被災地もある。その人たちの声に、私たちの誰が耳を傾けただろう?本書を読むと、そういった人々の苦労の一片が、わが身に積もる思いがして
消耗する。

 時々、著者の思考が彷徨いだす。特に2回目の80キロの時には、平家物語の世界を漂ったり、目の前に実在しない道連れが現れたりする。長距離を歩いていると様々なことが頭に去来するのだろう。読んでいるこちらも「歩いている」ことを実感する。これも体力を使う。読むときには、時間をかけてじっくりと読んでほしい。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

はじめての

著 者:島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都
出版社:水鈴社
出版日:2022年2月15日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 直木賞作家4人の競演、音楽付き。なんと「贅沢」な、そして「新しい」と思った本。

 小説を音楽にする2人組のユニット「YOASOBI」と、4人の直木賞作家のコラボレーションによって生まれた短編小説集。「はじめて○○したときに読む物語」という共通テーマを持った書下ろし作品。

 直木賞作家の4人と収録作品を順に紹介。島本理生さんの「私だけの所有者」は「はじめて人を好きになったときに..」。家庭用アンドロイドの「僕」が、かつての所有者である技術者との間であった出来事を手紙の形で綴る。辻村深月さんの「ユーレイ」は「はじめて家出したときに..」。中学生の「私」は家出してやってきた知らない町の夜の海辺で、薄着で裸足の少女と出会う。

 宮部みゆきさんの「色違いのトランプ」は「はじめて容疑者になったときに..」。「並行世界」が存在する世界。主人公の男性は、妻から爆破テロに関連して娘が身柄を拘束されている、と聞く。森絵都さんの「ヒカリノタネ」は「はじめて告白したときに..」。主人公の女子高生は、長く想い続けている幼馴染に告白することに..4回目の告白をすることにした。

 ジャンルとしてはSFあり青春小説あり。形式としてはミステリー仕立やファンタジー系も。四者四様の物語が楽しめた。私が一番好きなのは辻村深月さんの「ユーレイ」。40ページほどの短い作品のなかで何度か場面が転換して、その度に「どういうこと?」と先が知りたくなる。「死」が近くにある物語なんだけれど、いやだからなのか「生」の瑞々しさを感じた。

 島本理生さんの「私だけの所有者」は、どうしたってカズオ・イシグロさんの「クララとお日さま」を思わずにはいられない。

 「YOASOBI」とのコラボレーションとしては、現在「私だけの所有者」と「ヒカリノタネ」の2つをそれぞれ「原作」にした、2曲の楽曲が配信されている。正直に言って「小説を音楽にする」ってよく分からなかったのだけれど、聞いてみると(MVなので見てみると)実に心地よかった。あとの2曲も楽しみだ。

 参考:YOASOBI「はじめての」プロモーションサイト

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

ザ・マジック

著 者:ロンダ・バーン 訳:山川紘矢、山川亜希子、佐野美代子
出版社:角川書店
出版日:2013年2月10日 初版 発行
評 価:☆☆(説明)

 読んでいる最中は「ちょっとこれはどうなの?」と思ったけれど、読み終わって「まぁこういうのもアリか」と思った本。

 以前から時々目にしたことがあった本で、先日、友達が読んでいるのを知って読んでみた。

 最初に言っておくと、著者には「ザ・シークレット」「ザ・パワー」という前著があって、本書はそれに続くものであるらしい。本書を読んでいて、いささか唐突に感じる部分があったのだけれど、それは本書が「3冊目」だからだと思う。私が「時々目にした」のも前著かもしれない。

 簡単に言うと、本書は様々なことに「感謝」して暮らすための実践指南書。1日目は、朝の早いうちに「感謝できることを10個書き出す」。書き出したら、一つひとつ心の中や声に出して読んで「ありがとう」を3回言う。2日目は、手にすると気持ちよく感じる小石を1個見つけて、寝る前にその小石を握って「その日起きた良いことを全て思い出して、最高の出来事を考える」

 このようにしてその日にする感謝の方法が28日分ある。「近い関係の人を3人選んで、それぞれに感謝できる5つのことを書き出す」「「健康のおかげで私は生き生きとしています」と書いた紙を最低4回読んで感謝する」とか。1日目と2日目のことは3日目以降も続ける。朝と寝る前の習慣にするということだろう。

 感謝の機会を増やすのはいいことだと、経験上そう思う。ただ気になることも書かれている。元になっている考えは「引き寄せの法則」と言って、考えていることと類似の経験を引き寄せる、というもの。つまり「感謝していると、感謝するような経験を引き寄せる」。しかし「だから感謝しましょう」では感謝の気持ちに混ざり物が含まれてしまうのでは?と思う。

 著者はこれを「宇宙の法則」だとして「願い事が叶ったかのうように感謝すれば、その願いは必ず叶う」と言う。病気も、健康な状態だと仮定して感謝すれば治せると言う。逆に、身体に問題があるとすれば「感謝していないということになります」とも。また著者はこの「法則」の裏付けに量子力学を持ち出しているのだけれど、これでは疑似科学だと私は思う。

 そんなわけで疑似科学の片棒を担ぐのは避けたいので、おススメはしない。
 ただ、ここのところ体調が思わしくなく、重苦しい気持ちを抱えていたのだけど、思い立って「感謝できることを10個」考えるようにしたら、何かが落ちたように身が軽くなったことも書き加えておく。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

メイド・イン京都

著 者:藤岡陽子
出版社:朝日新聞出版
出版日:2021年1月30日 第1刷 発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 帯にある「「ものをつくる」という生き方」に、深い共感と羨望を感じた本。

 大好きな藤岡陽子さんの近刊。

 主人公は十川美咲、32歳。美術大学を卒業した後、家具の輸入販売の会社で働いていた。先輩の紹介で知り合った、都銀に勤める古池和範と結婚することになり、京都にある和範の実家を初めて訪ねる。その実家は、お屋敷が並ぶ住宅街の中でもひときわ大きな大邸宅だった。そんな場面が物語の始まり。

 和範の家は、京都で飲食店や旅館を営む商家で、社長であった和範の父親が亡くなって、和範が継ぐことになった。実家には和範の母と姉と姪が住んでいて、しばらく同居することになった。大邸宅なのになんとなく息が詰まる。和範は継いだばかりの会社にかかりきりで手持ち無沙汰だ。

 「久しぶりになにか作ってみようか」ずっと昔に忘れていた昂揚感が広がり、手持ちのTシャツにミシンで刺繍をはじめる...。

 読み終わって「よかったね」と思った。「結婚」という人生の幸せに向かうはずの美咲の暮らしに暗雲が立ち込める。いわゆる「京都のいけず」というやつもあって、価値観の違いは簡単には乗り越えられない。それでも、捨てる神あれば拾う神あり。美咲の作品に目を留めてくれる人や援助してくれる人も現れる。

 雑感を3つ。

 本書の表紙は、河原でジャンプする女性の写真で、京都にゆかりのある人ならおそらく「これは鴨川の河原で遠くに見えるのは三条大橋やな」と分かる。何気なく撮ったスナップ写真のようだけれど、見ていてとても心地いい。

 月橋瑠衣という女性が、物語のキーマンなんのだけれど、瑠衣さんの物語も読んでみたいと思った。

 会社の古参の従業員が「二十年に一度、京都は大失敗しますねん」と言う。何のことか正確には分からないけれど、あのことやあのことかな?と思うことはある。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

同志少女よ、敵を撃て

著 者:逢坂冬馬
出版社:早川書房
出版日:2021年11月25日 発行 2022年4月10日 19版
評 価:☆☆☆☆(説明)

 ロシアのウクライナ侵攻が起きている今この時に、この物語を読む因果を考えた本。

 本屋大賞受賞作。

 主人公の名はセラフィマ・マルコヴナ・アルスカヤ。物語の始まりではモスクワ近郊の人口40人のイワノフスカヤ村に住む、猟師の娘の16歳の少女だった。時代は1940年。翌年にはドイツがソ連に侵攻して独ソ戦が始まり、セラフィマの村でも砲声を遠くに聞くようになる。

 のどかな村の風景から一転して、ドイツ軍の敗走兵に襲撃されてセラフィマ以外の村人全員が殺される。セラフィマの命もここまで、というところにソ連の赤軍が来て救われる。しかし安堵する間もなく、赤軍の女性の指揮官はセラフィマに「戦いたいか、死にたいか」と聞くのだ。

 女性の指揮官の態度に反発したセラフィマは、何度目かの「戦いたいか、死にたいか」の質問に、「ドイツ軍も、あんたも殺す!」と答える。場面を転じて、セラフィマはあの女性指揮官の下で、狙撃手としての教育を受ける。少女ばかり十数人で編成された訓練学校。さながら学園ドラマのような雰囲気(習っているのは「狙撃」だけど...)

 こんな感じで序盤は緩急をつけた展開。しかし「緩」を感じるのはここまでで、訓練学校を出た後はセラフィマたちは、狙撃小隊として前線に投入され、そこからは「急」ばかりが続く。撃ち殺さなければ撃ち殺される。「友情」も「師弟愛」も「信頼」も描かれるのだけれど、その場面の背景は常に「命のやりとり」がされる戦場だ。

 「なんなんだ、この物語は」と思った。本屋大賞は納得する。描かれる物語の熱量というか牽引力というかが圧倒的だ。しかし、どうして日本人の著者が独ソ戦の物語を書いたのか?どうして主人公が女性狙撃兵なのか?いや別にいいのだけれどどうして?といういくつもの「どうして?」を感じた。ストーリーの緻密さに、並々ならぬ取材を感じて「なにか訳があるんでしょう?」と著者に聞きたくなった。

 彼女たちは何のために戦ったのか?物語の中にある、タイトルと同じ「同志少女よ、敵を撃て」という言葉が意味深長だ。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

映画を早送りで観る人たち

著 者:稲田豊史
出版社:光文社
出版日:2022年4月30日 初版第1刷発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

読んで「映画を早送りで観る」ことへの違和感がすごく小さくなった本。

映画を早送りで観る人が少なからずいるらしい。多いのは20代だけれど、30代以上の世代にもいる。調査によると動画コンテンツを「よく倍速で視聴している」「時々倍速で視聴している」を合わせると、20代で男性は36.4%女性は28.2%、全世代男女では23%。「倍速視聴」だけでなく、セリフのないシーンや「平凡なシーン」を飛ばして見る「飛ばし見」をする人もいる。

調査は「映画を」ではなくて「動画コンテンツを」なので、私としては「倍速経験率」が少ないぐらいに思うけれど、著者は違うらしくこの状況に「大いなる違和感」を感じた。しかし「同意はできないかもししれないが、納得はしたい。理解はしたい」と、なぜこんな習慣が身に着いたのかを解き明かそうと、「倍速視聴」「飛ばし見」をする人々らの意見を聞き取って考察したもの。

「習慣」はともかく、どうして「倍速視聴」「飛ばし見」をするのか?は、単純明快だ。それは「時間がもったいないから」。世間で話題、友達が話してたなので、観るべき(と本人が思う)作品が多すぎるのだ。Netflixなどの映像配信のサブスクリプションの登場で、1本あたりの視聴コストが限りなく安価になったことで、「観るべき」リストに入れる基準がグンと下がったことも一因。

「それじゃ作品をちゃんと味わえない」という意見はもっともだけれど、彼らは作品を「観たい」のではなくて「知りたい」ので、味わえなくても構わない。少し補足すると「観たい」作品はちゃんと1倍速で観ることもあるらしい。もし面白かったら、飛ばして見てもったいないとは思わないのか?と聞けば、倍の時間をかけていたら「こんなに時間を使っちゃったんだ」という後悔の方が大きい、という。

ここまでは本書の第1章の内容で、彼らがどうしてそうなったか?を、様々な角度から考察されている。共通するキーワードは「コストパフォーマンス」。「回り道」「無駄」「失敗」をしたくない。「したくない」と書くと「意思」のようだけれど、もう少し切迫した「罪悪感」「恐怖」のようなものを背負っている。いづれにしても「理由はある」のだ。私としては全部ではないけれど納得した。

ひとつだけ特筆したい。本書で「回り道したくない」の要因に「キャリア教育」をあげているが、これは本当にそうだと思う。本書には詳しくは書かれていないけれど、今の学校のキャリア教育では、中学校(場合によっては小学校)で、将来何になりたいか?そのためにはいつごろ何をするか?なんてことを考えるように指導される。まるでプロジェクト管理のように。こんな指導は間違っていると思うのだ。

こんな感じで本書には、テーマの「倍速視聴」「飛ばし見」を超えた様相が描き出され、現代社会の味方に新しい視点を与えてくれる。「映画を早送りで観る」に関心がない人にも、一読をおススメ。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

コロナ黙示録

著 者:海堂尊
出版社:宝島社
出版日:2020年7月24日 第1刷発行
評 価:☆☆☆☆(説明)

 面白かったけど「こんな本を出版して大丈夫なの?」と思った本。

 「チーム・バチスタの栄光」から始まる「田口・白鳥シリーズ」に連なる作品。

 舞台は桜宮市と北海道と東京。2019年11月から2020年5月29日まで。中国の武漢で新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されたのが2019年の年末。タイトルで明らかなので言うまでもないけれど、物語の大きなテーマは「新型コロナウイルス」。世界がその存在を認識してからの半年ほどの間に、日本で起きた騒動を、フィクションの形にして振り返る。

 桜宮の東城大学医学部付属病院の田口医師は、高階学長からウェブサイトでのコラム執筆の依頼を受ける。元々の依頼者は厚生労働省の白鳥技官。北海道では、極北市民病院の世良院長と、雪見市救命救急センターの速水センター長、フリーランスの病理医の彦根が、北海道知事との会議に参集していた。

 もうこの説明で、著者のファンならば「オールスターキャスト」だと分かるだろう。物語のストーリーはあまり紹介しない。なぜならば、私たちの多くがすでに知っているからだ。

 横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・ダスト号」の事件、そこに乗り込んだ感染症の専門家の医師の告発、人と人との接触の八割削減を提唱した「八割パパ」、3月の卒業シーズンに発せられた「休校要請」、全世帯に2枚の布マスク..。名前が少し違っても容易に想像がつく出来事が起きる。

 これに加えて、「安保首相」や「明菜夫人」が国有地の売買に関わった「有朋学園問題」や「満開の桜を愛でる会」、首相補佐官と厚労省の審議官の不倫カップル、官邸の守護神と呼ばれる検事長まで登場。政権に対して著者が振るう刃は留まるところを知らない。

 もちろん、田口医師らの活躍はオリジナルストーリー。物語の中で東城大学医学部付属病院は「奇跡の病院」と呼ばれる。面白くてためになった。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ

著 者:ブレイディみかこ
出版社:文藝春秋
出版日:2021年6月30日 第1刷 9月5日 第5刷 発行
評 価:☆☆☆(説明)

 ちょっと読みづらい面もあったけれど、押して読んでよかった本。

 2019年にベストセラーになった著者のエッセイ「ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー」に、こんなエピソードが載っている。著者の息子さん中学の授業で「エンパシーとは何か」という問題が出た。息子さんは「自分で誰かの靴を履いてみること」と答えたらしい。これが今回のタイトルになっている。

 「エンパシー(empathy)」は日本語で「共感」と訳される。「シンパシー(sympathy)」も同じく「共感」と訳される。しかし2つの言葉が差し示す意味は違う。

 英英辞書(Oxford Learner’s Dictionaries)では、エンパシーは「the ability to understand another person’s feelings, experience, etc.(他社の感情や経験などを理解する能力)」で、シンパシー(の1番目の字義)は「the feeling of being sorry for somebody.(誰かをかわいそうだと思う感情)」。エンパシーは「the ability(能力)」で、シンパシーは「the feeling(感情)」だ。

 ..という感じで始まって、本書は1冊まるまるエンパシーについて語る。きっかけは、前書にわずか4ページだけ書いた「エンパシー」という言葉が、大きくクローズアップされたこと。まるまる1冊を費やしたことには「社会問題の解決や個人が生き延びるために「エンパシーがいま必要だから」という、著者の思いも感じられる。

 SNSや巷の「論争」が、自分の主張ばかりで一向に噛み合わず、「論破」が目的のようになっていることを鑑みると、「エンパシー」の重要性が分かるし、その欠如に暗い気持になる。救いは「エンパシー」は「能力」であるので、トレーニングによって身に着けられる、ということだ。

 さらに言うと「エンパシーを身に着ける」という意識は、日本でこそ重要だと思った。言語は関心が強い分野には語彙が豊富だという。日本語に「エンパシー」に対応する適切な言葉がないのは、あまり関心がなかった、重要ではなかったという証左だ。英国では中学の授業で習う。日本では強く意識しないとそれは身に着かない。

 本書の前編ともいえる「ぼくはイエローで~」が、エッセイでとても読みやすいものであるのに対して、本書は多くの文献を参照した論説なので、やや読みづらい面がある。しかしその読みづらさを押してでも読む価値があると、私は思う。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

安いニッポン「価格」が示す停滞

著 者:中藤玲
出版社:日本経済新聞出版
出版日:2021年3月8日 1刷 4月6日 3刷
評 価:☆☆☆☆(説明)

 「価格を下げる」ことを「経営努力」と呼び始めたあたりから、世の中がおかしくなってしまったと思った本。

 日本の様々なものの価格が他国と比べて安い、ということを調査や統計データによって論じる。4章建て。第1章「ディズニーもダイソーも世界最安値水準」、第2章「年収1400万円は「低所得」?」。第3章「「買われる」日本」、第4章「安いニッポンの未来」。

 世界の6都市にあるディズニーランドの大人1日券(円換算、当日券、1パークのみ、2021年2月)の比較が、冒頭の話題。日本の8,200円に対して、一番高いフロリダは1万4,500円で約8割も高い。カリフォルニア、パリ、上海も1万円を超える、香港は8,500円。日本が最も安い。実は、2014年3月までは6,200円で、6年で2,000円、3割以上も値上げしたけれど「世界最安」なのだ。

 このくらいのことはなんてことはない。「いいサービスを安く受けられて何が悪い?」と言っていられる。「ディズニーランドの入場料なんて、一部の国民にしか関係ない」という声も正論だ思う。ダイソーが「100均」なのは日本だけで、台湾は180円、フィリピンは190円、タイは210円、と聞いても「大した違いはない」と思うかもしれない。

 実は、日本だけは100円で売ることができる主な要因は「人件費」なのだ。第2章で明らかになるけれど、日本の賃金が先進国でダントツで低くて「一人負け」の状態。そしてこれが経済の停滞の主要因。さらには、日本の不動産や技術を持つ会社や人材が安値で外国資本の手に渡る。ということが書いてあるのが3章。

 「安くて何が悪い?」とは言っていられない。なんでこんなことになってしまったのか。何とかしないとこのままではジリ貧だ。

 ある意見に「わが意を得たり」と思った。

 日本の生産性が低いという理由の一つは、日本の価格付けの「安さ」にある。

 何とかするためのヒントになる意見だと思った。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

スモールワールズ

著 者:一穂ミチ
出版社:講談社
出版日:2021年4月20日 第1刷発行
評 価:☆☆☆(説明)

 中に一つとても怖い話があって、それに不意打ちをくらって震えた本。

 本屋大賞第3位。

 50ページほどの長めの短編を6編収録。主人公はそれぞれの物語で代わる。前後の短編のエピソードに緩い繋がりがあって、連作短編集の形にもなっている。特筆すべきは、6編がそれぞれ全くちがったテイストの作品であることで、連作にしては一体感がないものの、色々な料理をちょっとづつ食べるような楽しさを感じた。

 「ネオンテトラ」は、子どもを望みながら授からない女性の話。ままならない日常を抑え目に描く。「魔王の帰還」は、少しぶっ飛んだ豪快な姉を持つ高校生の話。青春と豪快な姉の細やかな心情を描く。「ピクニック」は、新生児の女性とその母に起きた悲しい出来事。誰も望んでいない意外な結末。

 「花うた」は、傷害致死で兄を亡くした女性とその事件の犯人との間の往復書簡。互いに理解が進むようで進まない。「愛を適量」は、冴えない高校教師の男性の話。ある日突然、娘が「男」になって現れた。「式日」は、高校時代の後輩からその父親の葬式への出席を頼まれた男性の話。後輩の過去を聞かされる。

 私が好きなのは「魔王の帰還」。「少しぶっ飛んだ豪快な姉」というキャラクターがいい。傍若無人な振る舞いは傍迷惑かもしれないけれど、それで救われる人もいる。正しいことを躊躇なく言っても嫌味にならないのは、根っからの善人だからだ。子どもたちが懐くのがその証拠だろう。

 心に残ったのは「愛を適量」。物語自体というより「愛にも適量がある」という考えが。主人公は「適量が分からない」から料理が下手。それと同じように、娘への接し方も下手なのだ。そう言えば、他の短編の登場人物の振る舞いも「適量」じゃない気がする。まぁ「適量」の人ばかりじゃドラマにならないのだけれど。

人気ブログランキング「本・読書」ページへ
にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
(たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)